025591
++Diary++


2006年7月
      1

2

3
45
6
78

9
10111213
14
15
16
17
1819
20
2122
232425
26
272829
3031     



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
2006年7月2日(日) 明日から!

明日から!
娘が 明日から新しい仕事に就く!

う〜〜ん なんか嬉しいわ♪
だって・・・これで当分は遠くに行かずに我が家に居るんだもん♪

一時は本気で県外に行く娘を見送らなきゃいけないのかと
マジ 悲しかったけど
だけどぉ♪ 娘には悪いけど、母は喜んでいますよ

名古屋で受けた面接は、一つはダメで。
もう一つ本命は・・・
2週間連絡が無ければダメだったと思ってくださいって言われてぇ

で、その期日が過ぎたから娘も諦めて
その時運良く私経由で来た仕事を娘に話したら
なんと、娘は そこへ行ってもいいよぉって

で、急ピッチで面接。書類準備。登録 と進んで
さぁもう決まったぞ!って時に なんとその名古屋から電話。

採用が通りましたって。
でも、すでにこちらで決まってしまったし、娘は即答で断ったそうだよ
ちょっと残念だったろうなぁ
ホントのところ、どうだったのかな
名古屋に行きたかったんじゃないかな

でも、社会人として、筋を通した娘は偉かった!!うん。

それに、案外この仕事張り切ってる?みたい?
私が昔していた保育士の仕事。
資格は持ってないけど、お手伝いお姉さんって事らしい。

私にどうかと言われた事だけど、私は返事が出来なかった
だって、父親の事があったから。
こんな私でも実家の嫁さんも、頼りにしてくれてるし
もし、仕事に行きだして すぐまた何かあったら?
それこそ仕事先に迷惑をかけてしまう。
今までがそうだったからね 私も臆病になってるのかも

だけど、まさかねぇ
娘がこれを引き受けてくれるとは思わなかったよ
『私、子供好きだからしてもいいよ〜♪』って
なんとも軽い返事だった ビックリさね

ママポと同じ仕事だねぇって嬉しそうだった
うん 私も嬉しい!
なんか、私の夢を娘が引き継いでくれたような・・・
私は途中で断念せざるをえなかったけど
それを 丁度私が正規の保母を辞めた22才と同じ年の22才で
娘が保育の職につくなんてさ
ん〜〜 不思議な因果を感じるよ

先生って呼ばれるのかなぁ・・・・
こそばゆいだろうなぁ(^m^)
園長先生に、『これを機に保育士の資格を本当に取ってみたらどうですか』
って言われたらしいけど
ピアノが難しいから無理だろうなぁ ってぼそっと言っていた
確かにねぇ 難しいかも。
課題曲が完全に決まってるなら・・・まだ見込みあるけど
何が出るか解らないし。
それに、専門教科はそんなに甘くない
私も相当頑張ったからね。
でもまぁ、出来る範囲で、楽しく仕事を続けて欲しいよ
半年更新だけど、また続けてください と言われるように!

明日から、頑張れ〜〜〜〜!!
2006年7月2日(日) No.488

Page/ [1]
No. PASS
No. USER PASS


Photo by NOION
++MENU++
[Admin] [TOP]
shiromuku(cu3)DIARY version 1.70